Story-002 ■実車のパーツ作り依頼  2002/6/24

 ある日、実車のパーツ作り依頼のTEL。
聞くと、今、旧車を数台個人で所有し、アマでレースを楽しんでいる。
或るパーツを作り、試験(レース)したいとの事。そのパーツ作りの協力依頼であった。
(ここでは個人のノウハウ的な事もあるので、パーツの内容詳細は記さないとする。)
 そのパーツは、数社で販売されており、単価・デザイン上疑問は無いが、それらは金属製ばかりで、
熱伝導・重量に疑問を感じていると言う。
 必要強度を聞くと、スペーサーの様な使い方をするもので、トルク・曲げ業度等は要求されるものでなく、
面圧・圧縮強度だけと言う。<略>
保証の問題を問うと、「身の安全に関わるパーツでもないし・・・
迷惑かける積りも無いので個人責任と言うことで・・。」
と即答を得られた。1日仕事と言う事で2万円/1ヶで商談成立。
後日、図面等が無かったので、相手物の取り合い部の形状をフリーハンドで書き、主寸法を書き込んでFAXして来た。
会話後、こちらで図面を書き、確認。
NC加工で作成した。当然、金属で無い材質で・・・・。

数ヶ月後、電話があり「テスト走行問題無し。複数個作成したい。
自分の車以外にも使用させたい。所謂、販売を目視している」との事。
現在、販売体制検討中である。

【←戻る】


counter