えっ!! 換気扇だけじゃ換気できないの!?


換気扇を使用すると、室内ドアが開けにくくなった。
そんな経験はありませんか?

換気扇の役割は、室内の汚れた空気を強制的に排気すること。窓などを閉めきった状態で換気扇を使用すると、空気が排出されることで室内の気圧が下がります。換気扇を使いはじめると室内ドアが急に開けにくくなるのは、このためです。つまり、これは「お部屋に新しい空気が取り入れられていないよ〜!」というサインでもあるのです。


給気口サンプル誰もが深呼吸するように、お部屋も呼吸が大切。
まずは、各部屋の給気口をチェックしましょう!

十分な換気ができていないと、室内に一酸化炭素や二酸化炭素が滞留・循環しやすくなります。そこで大切になってくるのが、給気と排気のバランス。お部屋に新鮮な空気を取り込む「入口」をしっかり確保しましょう。
手っ取り早いのは、窓をガーッと全開にすること。しかし、真冬や真夏は長く開けておきたくないのも事実です。そこで頼りになるのが各部屋にある給気口。マンションなどの壁面には、プラスチック製または金属製の外気の取り入れ口が取り付けられています。給気口は開閉式になっているのでちゃんと開いているか、
家具などで塞いでいないかをぜひチェックしてみてください。


いつも開けておきたい給気口だから。
外気の汚れを取り除くエリアで健康換気!

これでバッチリ!換気は室内の湿度を調節し、お部屋の空気環境を快適に整える大切な役割。室内の空気をつねに新鮮に保つことで、結露の発生も抑えることができるのでカビやダニの対策にも効果的です。また、よく話題になるシックハウス対策としても、十分な換気が大切だといわれています。
健康的に換気には、つねに新鮮な外気を自然給気することがポイント。そこで給気口は、いつも開けておくようにしましょう。気になる外気の汚れは、給気口専用フィルター「エリア」を取り付ければ安心!花粉やディーゼル粉塵などをしっかり取り除いて、24時間自然給気ができます。


ページトップへ戻る



counter